ゴールデンキャンドルのお茶を飲むと流産する?!

ゴールデンキャンドル茶を飲むと流産する?!

ゴールデンキャンドル茶流産

ゴールデンキャンドルのお茶を飲むと流産する?!

 

妊娠中の方は気になりますよね。

 

正直可能性は高くなります!

 

その仕組みは、ゴールデンキャンドルのお茶を飲みすぎると、下痢になることと関連があります。

 

 

ゴールデンキャンドルには、腸だけでなく子宮を刺激する成分が含まれている!

 

 ゴールデンキャンドルには、下剤と同様の成分であるクリソフェノール、アントラキノン、センノシドなどが含まれています。だから適度な量を摂れば、便秘解消につながります。

 

便秘解消の仕組みは、ゴールデンキャンドルに含まれる下剤の作用をする成分が、腸を刺激してお通じを促します。

 

しかし! ここで注意しなければならないことがあります。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

腸を刺激すると同時に、ホルモンへの影響で子宮も刺激することにつながってしまうのです。
子宮が刺激されると、早産や流産などの危険性が出てきます。これはお母さんにとって、最悪の事態です。何としても避けたいものですよね。

 

ですから妊娠中にどうしてもゴールデンキャンドルのお茶を飲みたい場合は、あまり濃くせず薄めにして飲むことをおすすめします。そしてもし、少しでも腹部に痛みを覚えたら、すぐに飲むのをやめてくださいね。

 

というか飲むのはやめて、ほかの便秘解消法で便秘に耐えていただきたいのです……。

 

このようにゴールデンキャンドルのお茶には、妊婦さんにとって流産の危険性があるため、ゴールデンキャンドルを含む商品(茶)の中には、少ないですが「妊娠中、搾乳中の方はご使用をお控えください」と明示してあるものもあります。

 

近頃はハーブティー専門店でも、ゴールデンキャンドルのお茶を購入する際に、店員さんから妊娠中の方は購入のストップをかけられることが多いようです。