ゴールデンキャンドル センナ 違い

ゴールデンキャンドルとセンナの違いとは!?

ゴールデンキャンドルとセンナの違い

ゴールデンキャンドルとセンナの違い!それは

 

  • ゴールデンキャンドル・・・食品
  • センナ・・・医薬品として扱われる

 

という点です。

 

 

この2つはどちらもマメ科の植物で、お茶にして飲むことができます。ですが、ゴールデンキャンドルのお茶は食品、そしてセンナのお茶は医薬品になるため、これらを飲む際には注意が必要です。

 

センナのお茶を何も知らずに飲むと、どうなる?!

 ここで話題にするのは、医薬品として扱われるセンナの果実や葉などの部分です。他の部位は食品として扱われることがありますが、今回の本題には関係がないので、皆さんはこの記事の中では、「センナ=医薬品」と思っていただいて構いません。

 

さて、このセンナですが、医薬品としては下剤の効果があります。しかもその威力は強烈です。ですから、ゴールデンキャンドルとセンナのお茶の違いを何も知らない方がもし、センナのお茶を普通に飲んでしまった場合、その方はひどい腹痛と下痢に苦しむことになります。通常の便通がある方が飲むと、腸が荒れる原因にもなりますので、センナ茶の「服用」の際には、用法・用量を守って十分注意するようにしてください。

 

ゴールデンキャンドルのお茶は大丈夫なの?

 それでは、食品として扱われるゴールデンキャンドルのお茶は、何も心配なくゴクゴク飲んでもよいのでしょうか? 答えは「×」です。いくら食品といっても、1日に飲んでよいとされる量を大幅に上回って摂取したら、ゴールデンキャンドルにも下剤の効果がありますので、おなかをこわしてしまうでしょう。ですが通常通りの摂取をしていれば、問題はありません。

 

ゴールデンキャンドルはすべての部位が食品として認められており、別名をキャンドルブッシュとも呼ばれます。またゴールデンキャンドルのお茶は、安全面への配慮から、それ単品だけでなく、他に様々なハーブを混ぜて販売されているものが多いのも特徴です。

 

ただ、私の経験からどちらもよくないです・・・。早めに卒業しておくことを推薦しますね。

 

オリゴ糖であれば即効性が期待できるにもかかわらず非常に安全性も高いので、おすすめします!

 

 

⇒ゴールデンキャンドルの危険性(安全性)はこちら