妊娠 下剤 やめれない

妊娠して下剤がやめれないあなたに「オリゴ糖」がおすすめ!

妊娠しても下剤やめれない・・・

 

という悩んでいる方は確認しておいてください!

 

妊娠すると、多くの方が便秘に悩まされてしまいます。

 

妊娠すると便秘になる理由

その理由は、妊娠することにより生じるホルモンには、腸の働きを抑制する作用が大きいですよね。ほかにも赤ちゃんが大きくなると子宮が腸を圧迫してしまうといったものがあります。
つまり、妊娠による便秘はもう誰もがほぼ確実になるということです・・(-.-;)

 

一般的に便秘対策として使われる「下剤」

下剤の作用の多くは腸に直接働きかけ、その内容は、「腸に刺激を与えて無理やり排便させる!」というものです。
つまりは、腸そのものの機能を高めるというわけではなく、機能が弱った腸を無理やり稼働させているにすぎないんです・・・。

 

さらに、薬に免疫がついてくると、それまでの服用量では排便されず、腸自体の機能がどんどん弱くなってしまいます。
これは「下剤依存症」とも言われる悩ましい問題の一つです。
こうした問題の原因となるため、下剤の使用はそもそもはおすすめできないのです。

 

特に、妊娠中は子宮の収縮を誘発しますから絶対に使わないでください!流産の危険性があります。また、下剤による排便は腸内の必要な栄養素や善玉菌まで出してしまうので、赤ちゃんの免疫力が低下したり必要な養分が届かないという最悪の状態になります(;_;)

 

 

 

妊娠中の便秘解消にはオリゴ糖が鉄則!

 

健康意識の高い方に限りますが、妊娠中の便秘解消にはオリゴ糖がもう常識になりつつあります。

 

なぜオリゴ糖がいいのか?

 

自然な排便

 

オリゴ糖は、腸内環境を良くする善玉菌である「ビフィズス菌」のエサとなるなるからです。
つまり、薬のような医科学的な作用で弱った腸を無理やり作用させるのではなく、腸の機能を回復させ、本来備わっている力を取り戻すことができます。

 

善玉菌を元気にし増殖させることで赤ちゃんの免疫力も母体の健康もアップするといういいことしかないです!

 

 

何に入れても味も効果も変わらない!

 

オリゴ糖は少し抑えた感じの甘さが魅力的です。
妊婦さんの場合、どうしてもダメな味だったり食べれないものとかありますが、オリゴ糖は何に入れても成分の組織が変わりません。

 

普段の食事や飲み物に混ぜてみてもよいですし、直接舐めて摂ることもできます。
手軽に摂取できるので、継続的に腸に働きかけることができます。

 

 

オリゴ糖とヨーグルトは最高!

 

一緒に取るといいのはフルーツヨーグルトですね!

 

ヨーグルトそのものが腸に優しい食べ物である上、例としてバナナにはオリゴ糖が含まれています。
スーパーにも売っていて手軽に摂取できる優れものです!

 

ヨーグルトの乳酸菌は腸で死んでしまいますが、大切なのは乳酸菌が出す分泌液です!これが善玉菌の餌となります。

 

オリゴ糖と乳酸菌を摂ることで相乗効果が得れますよ(^-^)

 

⇒オリゴ糖は下剤の副作用とともにこちらで紹介しています